23区情報

top >23区情報 > 江東区情報

江東区情報

江東区は、かつて地下水の汲み上げにより地盤沈下したため、
“江東ゼロメートル地帯”として有名です。また、江東区は運河や橋が実に多く、
“水彩都市”と呼ばれています。
江東区というと、東京のどの辺りに位置するのかわからない、との声も多く、驚きました。
では、有明(東京ビッグサイト)も江東区であることはご存じでしょうか。
また、“お台場”と称されるエリアの半分は江東区です。「大江戸温泉物語」、
大きな観覧車も江東区内に位置します。そして、東京の下町として有名な深川も江東区です。
では、多少、江東区の地理が分かっていただけたところで、江東区の暮らしについて少しご紹介します。
江東区の内陸部は昔から、住宅地および工業地域として、発展してきました。
江東区周辺部、特に臨海副都心や南砂地区などは、近年、大規模マンションや
医療・福祉施設の建設が相次いでいます。夢の島地区も、子供向け施設が充実し、
マンションの建設ラッシュにより、人口も増加傾向にあります。
しかし、少子化に伴った政策施行後に人口が増加したため、統廃合が行われた小学校や保育所では生徒の受け入れが困難な状況で、待機児童の増加が問題化しています。
江東区のお出かけスポットは、初めにも紹介した、有明やお台場などがあるので、本当に豊富な選択肢があります。その中のいくつかをご紹介すると、船の科学館駅の「パレットタウン(Palettetawn)」「水の科学館」「東京テレコムセンター」「東京国際交流館」「日本科学未来館」「東京みなと館」「大江戸温泉物語」などなど、一日ではとても遊びきれません。
江東区といえば、かつてのゴミ処理埋立地である「夢の島」が有名です。この一帯は、現在、大規模な公園が作られ、市街地開発により、街路樹や草木が大量に植えられ、東京23区内とは思えないほどの緑豊かな場所となっています。また、南砂や大島、深川などの下町や住宅街でも緑地地域が整備され、マンションの敷地内や商店街には公園が点在し、イチョウや柳などの樹木も多く植えられています。
様々な顔を併せ持ち、なかなか魅力のある街だと思いますが、知名度が低いためか、派手な印象がないので、土地を探すのであれば、穴場価格が発見できるかもしれません。一度、ふらりと散歩気分で街を歩きつつ、物件を探すのもいいでしょう。
臨海地域のような近代的な一面と、深川のように人情味あふれる下町的な一面の両面をもつ街に住みたいという、少し贅沢な希望を持つ方は少なくありません。江東区であれば、その望みに近い住居を構えることも可能です。また、こだわりの注文住宅を江東区にと考えている方もいることでしょう。その場合、地元に精通した、信頼できる工務店を選ぶことが重要なポイントです。江東区をよく理解している、私たち、「i-style-housing」へご相談ください。「i-style-housing」は、きっとお客様のお力になれると思います。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00(日曜・祝日を除く)※

メールでのお問い合わせ

※時間外のお問い合わせにつきましても、上記へお問い合わせくださいませ