23区情報

top >23区情報 > 大田区情報

大田区情報

大田区というと、「下町だけど、どの辺り?何駅があるの?」というイメージではないでしょうか。
私も実際住むまでは知らなかった、大田区の素敵な特徴を簡単にご紹介します。
23区内で、面積がいちばん大きく、人口は3番目に多いのが大田区です。
温泉やスパなどが一番多いのも、ここ大田区です。図書館や区営スポーツセンターも
他区より多くあります。また、田園調布は、世田谷区や港区と勘違いされがちですが、
実は大田区です。一番有名なのは、羽田空港があるということでしょうか。
大田区は産業の町としても有名ですが、大手企業の本社もとても多い場所なのです。
交通のアクセスについては、都心、横浜、どちらへも行きやすい街です。
大田区にある大森と蒲田は、もともと大森区と蒲田区に分かれていた歴史ある町。
そのため、今でも、大森駅と蒲田駅は大田区の中心の駅となっています。蒲田駅は、2つある改札をどちらに出ても商店街があり、生活必需品には困りません。
大森駅周辺には駐車場が備わっているショッピングセンターやコンビニがたくさんあります。
「アトレ大森」や「イトーヨーカドー」、「ダイシン百貨店」といった大型施設も充実しているので、小さなお子様連れの方、まとめ買いが多い方などには利用しやすいのではないでしょうか。車のない方でも、「ダイシン百貨店」は、送迎バスが一時間に一本あるため便利です。物価も23区内では比較的安く、家計にも優しい街といえます。
また、学区内には評判の良い小学校や中学校が多いため、お子様がいらっしゃるご家庭には住むのに適した地域といえるでしょう。
大田区には、「ビッグファン平和島」や「城南島海浜公園」といった、家族にもカップルにもローコストで遊べる場所があります。
インドア派であれば、「ビッグファン平和島」がおすすめ。映画館やボウリング、スパ施設などで一日中遊べます。アウトドア派であれば、城南島海浜公園へ!ドッグランやキャンプ場があり、潮風に吹かれながら散歩するだけでも、気分爽快です。また、夜景がたいへん美しいので、カップルには最適なデートスポットとなっています。
大田区のマンション状況は、JR蒲田駅周辺では、新築マンションは現状、供給がありません。中古マンションは、駅から徒歩10分程度で平米単価54万円。60~80m²で3200~4300万円程度はみておきたいです。
大田区の一戸建では、JR蒲田駅周辺の新築一戸建が、駅から徒歩10分程度で平米単価82万円。新築は、土地面積が50m²程度の比較的コンパクトな一戸建てが多いので、予算は4000万円程度。広い土地面積をご希望であれば、中古一戸建てになりますが、駅から近い物件は少なく、15分前後の物件が多くなり、平米単価65万円程度、100m²で6500万円ほどの予算が必要となります。
昔ながらの下町の雰囲気もある、ゆっくりとした街並みが好きだけれども、でも、都心にも出やすいほうがいいという、ちょっと贅沢な方には、大田区暮らしは、言うまでもなく最適です。
こういった場所だからこそ、生涯住み続けたい方もきっと多いはず。また、こだわりの注文住宅を大田区にと考えている方も少なくないでしょう。大田区内には地元に精通した工務店も数多くありますが、住宅建築には工務店との相性は重要なポイントです。私たち、「i-style-housing」はその家に住まわれる方一人ひとりが主役になれる家創りをモットーとしています。二人三脚で素敵なマイホームを手に入れましょう。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00(日曜・祝日を除く)※

メールでのお問い合わせ

※時間外のお問い合わせにつきましても、上記へお問い合わせくださいませ