完成事例

top > 耐震工法

タイプ別‐耐震工法の家

耐震工法

i-style.housingでは、都内でもトップの販売を行っているプレカット商社と提携しています。又、構造計算も同じ会社で行っていますので一貫して安定、安心の構造材の提供をお施主様へ行わせて頂いています。さらに、パナソニック電工社とアイ・エム・エー社との提携による、信頼できる耐震・制震工法を取り入れております。私達i-style.housingは、すべての方が安心して住める家づくりを目指しています。

i-styleが選んだ耐震・制震工法です。

ご存知のように、地震対策には3つのタイプ、制震・耐震・免震があります。
その中でも、一般の住宅に受け入れやすいコストと安心・安全を考え、アイスタイルはパナソニック社の耐震工法とアイ・エム・エー社の制震工法を取り入れました。
震災から学んだパナソニック社の耐震工法、テクノストラクチャーと、揺れの50%を軽減するアイ・エム・エー社GVA制震工法です。
ハイレベルな暮らしやすさ、と安心をお届け致します。

パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」の3つの特徴

震災から学んだ、地震に強いテクノストラクチャーは、木と鉄のハイブリッド工法です。
震度7にも耐えうる「強さ」で、皆様の暮らしにより一層の安心をご提供致します。

1.第三の工法

木造住宅の良さを生かしつつ、鉄の強さを融合した、木+鉄で建てる「第三の工法」です。木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金物を開発。接合部も金具で強化し、ムクの柱の1.5倍の強度を持つ集成材柱で更に耐震性を高めています。さらに実大耐震実験など、耐震性に対する検証も行っています。

2.強固な構造部材

テクノストラクチャーの住宅は、
構造部材の強度、品質にも
こだわっています。一棟一棟の
住宅品質に差が生じないよう、
金具ひとつにまで細かな使用を
規定し、構造計算通りの強度を
確保します。そのこだわりが、家全体としての高い品質、安定した構造性能を実現しています。

3.構造計算書の発行

テクノストラクチャーの
住まいは、2階建以下の
木造住宅では義務付けられて
いない緻密な構造計算を行い、
災害時に住まいにかかる力を
厳密に388項目(多雪区域は
440項目)に渡ってチェックし、1995年の発売以来全棟に構造計算書を作成しています。また、構造計算書に関する保証書も一棟ごとに発行しています。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00(日曜・祝日を除く)※

メールでのお問い合わせ

※時間外のお問い合わせにつきましても、上記へお問い合わせくださいませ