家づくり物語

top > バルコニー付の家

バルコニー付の家

バルコニー付の家

女性社員が「素敵!」とオフィス裏でざわざわ。そんなダンディーなお施主様との出会い。お土地探しからのご依頼した。お仕事でお忙しいのにも関わらず、いつもスタッフ以上に心遣いをしてくださったお施主様へ、ご予算もデザインもパーフェクトなお家をお引渡ししたい!とスタッフはパワー全開!お土地のロケーションも抜群だったので、ロケーションにマッチした「スカイツリーを感じるバルコニー」がテーマの家づくり物語の始まりです。

お土地探しからお付合いをさせて頂いています。
この土地だとどのくらいのボリュームのお家が
建つのか考えながら、お土地を探して、探して・・
ようやく納得のいくお土地を発見!!
お土地との出会いもひとつの縁です。

お客様のご予算を考えながら、
気に入ってもらえるプランを熟考。
長方形という形なので、単調的で一般的なプランにならないよう!!
最初は2階にリビングダイニングキッチンを設け、1階と3階に寝室を。
空間に余裕があるので、リビングの天井は3階までの吹き抜けで
とても贅沢なプランをご提出させて頂きました。

ファーストラフプラン

品川で行ったオープンハウスに来て頂きました。
お家づくりは、一生に一度くらいの大きなお買い物ですので、
完成したお家を見ていただくと、イメージだけだったものがリアルなものになってきました。

お仕事帰りのお疲れの中、事務所までお越し頂きました。
信頼して頂いていることが、心から伝わってきました。
石橋ホーム資材に頼んで間違いなかったと、お引き渡しの際に思って頂けるよう、
決意を新たに、身が引き締まる思いでした。

基本的にお打合わせは、お施主様の仕事後に行いました。お忙しい方なので、
できるだけお打合わせ回数が減らせるように努めました。
さらに、お施主様も決断力がある方で、信頼して頂いてたので、スムーズにが決まっていきました。
初めは「これだ!」と思って気に入って頂けたプランも、
改良に改良を加えてさらに納得いくプランができました。形になるのが待ち遠しいです!!

着工の時期が2011年3月。ちょうど東日本の地震の時期と重なりました。
着工するべきか、延期するべきか悩みましたが、着工することを決意。
途中に何が起こるかわからない恐怖もありましたが、責任もって着工させて頂きました。

やはり、震災直後は色んな資材が不足しながらも、
これから何十年も家を守っていく基礎を完成させる事ができました。

構造用合板の不足から、基礎完成後から上棟まで
少し時間がかかりましたが無事上棟。
お隣が空き地だったので工事もし易く
スムーズに屋根まで完成しました。
北側斜線で切られる急勾配の屋根についた、
大きな天窓の施工はとても大変だったようです。
大工さんありがとうございます。

このお宅の見せ場は鉄骨の稲妻階段。
いつもお世話になっている鉄骨屋さんが
慣れた手付きで施工していきます。
内装工事と並行して、外壁も仕上げていきます。
構造用合板の上に防水紙を貼り、胴縁を取り付け、
その上に外壁を貼っていきます。
とても腕のいい外壁屋さんで、
きれいな仕上がりになりました。

着工時は、誰も3ヶ月後がどのような状況になるのかわからない中での出発でしたが
無事に納得いくお家が出来ました。
1階の床は総タイル貼りでガラスブロックを使った窓、2階は大理石調のタフローリングに
タイルでアクセントをつけた壁、鉄骨階段と、想像以上に素敵な空間が出来上がりました。
お施主様もきっと喜んでくださると確信しました!!!

大きな問題もなかったですが、サッシの傷が気になりました。
きれいにリペアしてもらい真新しいサッシに大変身し、これでお引き渡しができます!!

何度も足を運んだ現場にくる回数が減るのはとても淋しいですが、
お施主様に毎日使って頂き少しずつお家が完成されていくことが楽しいです。
お施主様はとても腰が低く、「わがままばかり申し訳ございません」と
おっしゃってましたがとんでもございません。
お施主様のお家づくりのお手伝いをさせて頂けて、本当に光栄です。

本当にここの現場はスムーズに物事が進みました。
素敵なお家ですので、半年後点検の際に家具の入ったお家を
見せて頂くことが楽しみです。
又なんといっても、このお宅のバルコニーはスカイツリーが見えるので、
是非是非感想を聞かせて頂きたいと思っております。
本当にダンディなお施主様に似合う素敵な家が出来ました!!
そんなお家を守っていくお手伝いも、これからさせて頂けたらと思っていますので、
宜しくお願い致します。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00~18:00(日曜・祝日を除く)※

メールでのお問い合わせ

※時間外のお問い合わせにつきましても、上記へお問い合わせくださいませ